北欧ってどんなところ

北欧諸国とはどの国々のこと?

北欧ってどういうところなんでしょうか?今なおスカンジナビア半島の北部にみられる氷河と、その氷河によって形成されたフィヨルドや澄んだ湖、そして深い森。さらに太陽が沈まない夏の白夜と寒さの厳しい長い冬、空に幻想的に輝くオーロラなど、日本で暮らしていては想像すら容易ではない地域ではないでしょうか。スカンジナビア半島に位置するスウェーデン、ノルウェーそれにデンマークとフィンランド、アイスランドを加えた5ヵ国を表すことが多いです。フィンランド以外は北ゲルマン系民族で同じノルド語に属しているため、ある程度お互いの言語を解するようですが、フィンランドのみウラル山脈地域をルーツとする民族が母体となっており、他の北欧諸国とは民族、言語形態が異なっています。しかし北欧諸国は歴史・文化・社会等に共通点が強く、北欧理事会と呼ばれる相互協力の国際組織を構成し、北ヨーロッパの政治的団結を見せています。現在スカンジナビア半島には西はノルウェー、東はスウェーデンが位置されてますが、現在スェーデン領である南端部スコーネと呼ばれる地域は17世紀まではデンマーク領であったため、一般的にスカンジナビア3国と呼ばれ、非常に似通った文化を共有しています。

北欧諸国の結びつき

スカンジナビア半島を中心とするエリアは、古来ヨーロッパ文明から離れた自然の多い辺境の地として、他のヨーロッパ地域とは異なり一単位として見られる傾向にありました。その結びつき共通性は言語や宗教、生活スタイルなど文化的な視点で見いだされる「北欧さしさ」にあります。

もともと厚い氷床に覆われていたこの地域に、1万年前に始まった温暖化で氷床の後退を見せ始めると、徐々に居住者が現れるようになりました。やがてヨーロッパ中南部の影響を受けながら青銅器文明が到来します。そして今日、大きく北方ゲルマン人と呼ばれる居住者たちは、ローマ帝国など様々な文化圏との接触によりルーン文字、宗教(いわゆる北欧神話と呼ばれるストーリー)など固有なものを生み出し、古ノルド語を共通言語としていました。彼らは375年におきた民族大移動の際には大きな動きをとることなく、地域的な差異はありながら非常に似通った文化・生活を共有することで、今につながる「北欧らしさ」の基礎をつくりあげていきました。

8世紀にはいると北欧に居住する北方ゲルマン人たちが、人口増加問題の解決やさらなる通商・貿易の拡大を目的として、略奪を伴う交易・入植活動を積極的に開始するようになります。一般的にヴァイキングと呼ばれる活動です。その活動はヨーロッパ大陸で中央集権が確立してくると次第に落ち着きを見せ、やがて北欧諸国でも王権による国家が生まれてきました。スウェーデンによるフィンランド遠征、併合。デンマーク主導による北欧統合などを経て北欧は中世を迎えます。

ヴァイキングのふるさと

ヴァイキングとは北方ゲルマン系民族ノルマン人を指します。彼らはスカンジアビア半島を活動拠点としました。スカンジナビア半島を中心とし北ヨーロッパの地域は生活をするには、痩せた土壌と乏しい資源という氷河地形であり深い入り江(フィヨルド)、山脈と深い森、しかも寒冷な気候という厳しい条件がありました。スカンジナビア人は本来、穀物、畜産等の農場を営む生活でしたが、不足分を補うため漁業や船による交易を積極的に行うようになりました。陸移動が困難なこの地域においては群島伝いに移動可能な海は農民にとって非常に有効な回廊となったのは自然な選択だったでしょう。厳しい自然環境がスカンジナビア人を海へと向かわしたのです。豊富な森林資源は造船技術の向上に大いに貢献、多くの優れた船大工をも生み出しました。造船技術の向上は船の大型化、航行距離と速度の増大を可能とし、従来半島周辺やバルト海沿岸を交易地としていた活動範囲は大きな広がりを見せるようになりました。

ローマ帝国の衰退を引き起こしたゲルマン民族の移動が落ち着きをみせた8世紀(スカンジナビア人はゲルマン民族であったが大移動の際には際立った動きはみせていない)、気候の温暖化に伴う人口増加問題の解決やさらなる通商・貿易の拡大を目的として、略奪を伴う交易・入植活動を積極的に開始するようになります。つまり遠征で何をしたかというと豪族としての権威を高めるため遠隔地の希少品の入手、農場での不足する生活必需物資の調達、労働力としての奴隷の獲得、新規領土への入植などだったんですね。彼らはヴァイキングと呼ばれ高い航海技術と戦闘力を持ち、ヨーロッパ各地でその襲来を非常に恐れられました。

ヴァイキング活動が活発になると、スカンジナビアに点在した地主などの地域首長、有力者を長とする豪族が併合を繰り返し地域王権の強化を進めていきました。そして古ノルド語を話し、北欧神話を作った宗教を信仰するなど文化の共有を見せていたスカンジナビア人は民族国家の成立とともに現在のデンマーク、ノルウェー、スウェーデンへと大きく別れていきます。デーン人(デンマーク)とノース人(ノルウェー)は領土を得るため西へ向かいスヴェア人(スウェーデン)は通商を目的に東へ向かいました。その後中世ヨーロッパに極めて大きい影響を与えながら300年ヴァイキングの活動は続きましたが、入植後の同化が進むことでヴァイキングたちが故郷へ帰ることがなくなり、次第に遠征自体が少なくなっていきやがて活動は停止していきます。

北欧の成り立ち

近代化がすすむまで

近代に至るまで、北欧はヨーロッパでも辺境に位置し厳しい自然環境と乏しい資源ゆえに小国、後進地域とされていました(ヴァキング時代の隆盛やスウェーデンのバルト海支配などありましたが) 。イギリスで始まった産業革命に対しては国力の低さからスムーズに工業化を行えず、他のヨーロッパ諸国から近代化・都市化が遅れることとなりましたが、しかし農業技術の向上により生産力があがり北欧諸国の人口は増加、それにあわせて貧困層の都市部への流入なども加速。そのため経済的に立ち遅れていた北欧諸国では余剰人口として失業者があふれることになります。彼らは当時チャンスの国とされたアメリカへ移民として殺到しました。1840年から1914年までその数200万人といいます。

産業革命は資本主義社会、工業化社会を誕生させヨーロッパは列強として市場拡大のため植民地獲得に動き始めます。20世紀に入り、ヨーロッパを覆う列強の対立構造は従来隔離される地域にあった北欧にも影響が及び、徐々に国際対立に巻き込まれていくことになります。

ヴァイキングのふるさと

第一次大戦においては北欧諸国は厳正中立を表明したもののドイツへの対応をめぐって政治的、経済的に厳しい状況に追い込まれたが、なんとか中立を維持しえました。戦後においては、直接的な戦災は免れたため、その復興も迅速でありました。

しかし第一次大戦後の混乱が落ち着いてきた北欧諸国にアメリカに端を発する世界大恐慌が大きな衝撃を与えました。当時、北欧においては社会主義勢力が政権を運営しており、積極的な財政政策を展開し雇用を作り出す政策を取り世界的な不況を脱出しました。その後不況がもたらした社会不安を緩和させるため公平な社会を実現しようと、政治の民主化と福祉国家への路線へと北欧諸国は進んでいきます。しかし世界をみると、大恐慌を発端とする国家対立により状況は悪化するばかり。やがてそれは二度目の世界大戦へとつながっていきます。スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドはふたたび中立方針を打ち出し北欧中立同盟を形成しましたが、結局大国の力に押し切られフィンランドはソビエトのデンマーク、ノルウェーはドイツの侵攻を受け国は蹂躙されてしまいました。

戦後のあゆみ

北欧で唯一国内を戦場とさせなかったスウェーデンはインフラ設備が残っていたこともあり、いち早く復興をとげました。長期政権をとる社会民主党が従来の福祉政策をさらに推し進め、資本主義の競争原理と社会主義の分配原理を組み合わせた「スウェーデンモデル」と呼ばれる社会モデルの完成を目指し始めました。スウェーデン以外の北欧諸国も比較的早い速度で工業化が進み復興をとげたことで、同様の社会福祉政策に取り組んでいきます。完全雇用の達成と国民への富の公平な再配分、それは失業と病気、老後などの不安から国民を守ることにつながることと考える社会福祉政策は北欧共通の社会モデルとなっています。