北欧デザインってなに?

北欧におけるデザインの考え方

地理的に高緯度に位置する北ヨーロッパは夏が短く冬が長い上、日照時間が短いという特徴があります、しかも冬の間は雪に閉ざされるなど、厳しい自然環境下で生活を営んでいました。そのため快適な生活とは長く暗い冬場を過ごすことになる、室内生活レベルの向上に他なりませんでした。居心地のいい生活とは?基本的に北欧デザインのコンセプトはここにあります。デザインとは形に美しさと機能性を製作者(デザイナー)が意図して内包することで生まれるものとされています。美しさとは使ってみたい、触ってみたいという欲求を喚起しそれに機能性を付加することで使い手に満足感を与えます。その満足感は使うことにより普段の生活が一層便利になったと実感したとき生まれるものでしょう。長い暗い冬を明るく豊かな気持ちで暮らせるもの、この追求が北欧デザインにはみられます。

また従来、北欧はヨーロッパの辺境とみなされ資源が少なく生活水準は高いものではなく、産業革命にも遅れ、20世紀まではいわゆる工業化・都市化とは遠く離れた後進国エリアでした。しかし古来ヴァイキング以前の時代より、生活は質素でありながらも、身の回りに豊富にある自然素材を生活へフィードバックできる積極的な自然共存の姿勢があり、その上室内で過ごす時間が多いために伝統的に手工業が盛んかつ秀でてました。高い技術をもつ職人による機能的かつシンプルで自然素材を大切にするモノつくり、ここにも北欧デザインのベースの考えがあります。

近代デザインと北欧

イギリスで起こった産業革命は従来の生産システムを大きく変え、新素材による商品の大量生産を可能としました。当初は廉価な商品を作りだそうと生産性の向上を最重要視したため、作り出される商品に機能性・美しさなどの要素が反映されることはありませんでした。しかも生産システムも当然に未熟かつ未完成であったため製品は従来ハンドメイドで作られていたものの粗悪な模倣に近いものとなってしまい美術、工芸品と大きく差が開くことになってしまうことになりました。これを問題点として解決しようとする運動が近代デザインを確立することになる「アーツ&クラフツ運動」です。機械化による大量生産がもたらした職人を軽視する風潮を否定、熟練工の生み出すセンス、こだわりを再度見直そうとするその芸術運動は現代に続くモダンデザインの起こりとなりました。そしてこの芸術運動はバウハウスへとつながっていきます。

バウハウスとはドイツの美術学校名です。活動期間は15年ほどですが、ここでの教育理念とその実践は世界中に非常な影響を与えることになります。その目指したもにはアーツ(芸術)とクラフト(工芸)そしてテクニック(技術)の融合。つまり機械化によって生み出される日用品にアーティスト主観の美術・芸術性、そして職人もつユーザー目線の機能性を付加させることでした。

当時ヨーロッパの後進国であった北欧に産業革命に波が押し寄せてくるのは他のヨーロッパ諸国に比べて遅かったため、バウハウスが巻き起こした熱狂的なまでの合理主義的・機能主義的なデザイン潮流をダイレクトに受けることはありませんでした。18世紀より盛んだった陶器・ガラス器・そして工芸品の製造で大切にしてきた、丁寧な手作業を良しとする伝統的な職人精神を忘れることなく合理・機能性を融合。その結果北欧には、シンプルでクラフト的な温かさをもつ自然美が際立った独特なデザインが生まれました。それは今現在に続くスカンジナビアのライフスタイルを色濃く反映した、北欧デザインの基礎となっていきます。

北欧デザインの黄金期

本土を戦場としないまま第二次世界大戦を戦勝国として終えたアメリカ。経済規模、生産能力ともに他の国々の追随を許さない圧倒的な国力のもと、すぐに戦後復興が始まります。まず帰還兵が次々と家庭を持ったため、住宅・家具・日用品の需要が急速に拡大。大戦中の技術革新などが影響し大量生産の技術が確立したこともあり低コストで需要を満たすことが出来るようになり、戦後の凄まじいまでの購買欲ともあいなり大消費時代の幕開けともありました。

北欧諸国も戦後、まず国内産業振興策がとられ、外貨獲得のため大きな市場となっているアメリカ向けの家具、インテリア製品を開発、輸出を始めました。19世紀中頃から始まった北欧からの大量移民の支持と1950年代半ばに国際巡回した「デザイン・イン・スカンジナビア展」の成功もありスカンジナビア諸国のモダンデザインが注目を浴びることになります。機能的でシンプルでありながら自然の暖かさを感じさせるクラフト志向のある北欧デザインはやがて近未来的なフォルムと鮮やかな色彩に加え、人間工学に基づいたミッドセンチュリーと呼ばれるスタイルが大流行していたアメリカで受け入れ、お互いに影響しあい数々の才能あるデザイナーが世に送り出されました。

スウェーデンデザイン史

スウェーデンのモダニズムデザインの礎にあるもの

ヴァイキングの時代より手工業製品の制作に優れており、スウェーデンのモダニズムデザインの礎には大切にされてきた職人たちの技術があります。織物、ガラス、木工といった伝統工芸を支えた彼らの存在は大きく、その暖かい人間味あふれる制作コンセプトと取り巻く豊かな自然が合わさりスウェーデンのモノつくりの基本となっており、また歴史ある王室を持つスウェーデンには貴族階級に供給される美術品とも呼べる手工芸品の製作も重要視されており、職人の技術は常に高いレベルにありました。

モノつくりに産業革命がもたらした影響


イギリスでおきた産業革命はモノつくりに大きな影響をあたえました。当時北欧は後進エリアとされ国が豊かではありませんでしたが、スウェーデンだけは地下資源に恵まれキルナ鉄鉱山で産出される良質な鉄鉱石により鉄鋼業が盛んで、北欧の中では数少ない大規模資本による工場が行われ機械工業が進んでいる国でした。林産工業、鉄工業を基幹産業として徐々に外国資本の導入を図り、後進性からの脱却は図ろうとしましたが、機械工業化の速度は他のヨーロッパ諸国に比べればかなり遅いものでした。

しかしスウェーデンブランドの向上を国が積極的に主導しする形で1845年、スウェーデン工芸工業デザイン協会が設立、消費者研究や素材開発など北欧デザインの黄金期を迎えるための準備は早々にされていたのです。そして国を挙げて工業化が進むその過程でドイツ(ロシア帝国への対抗から接近)、アメリカ(失業者などの移民として移住・人口の1/4にあたる130万人と言われる)との関係が深くなり、そのためドイツでおきたバウハウスの衝撃に近い影響を強く受けることになります。その影響はバウハウスの合理主義かつ機能的な考え方はスウェーデンにおいて、身の回りの自然を素材としたシンプルで機能的でありながら手工業の温かさを併せ持つという独特のデザインを開花させました。

やがて産業革命により形成された都市中産階級に支持されグンナー・アスプルンドをはじめ多くのモダンデザイナーを生み出します。それは1930年代にパリやアメリカで開催された世界博覧会でスウェディッシュ モダンとして世界に広く知られることになります。

スウェーデンデザインの黄金時代

第二次世界大戦後、アメリカにおける戦後復興でおきた巨大な需要の中でスウェーデンをはじめとするスカンジナビア諸国のモダンデザイン家具、インテリア製品が注目を浴びます。当時アメリカは近未来的なフォルムと鮮やかな色彩に加え、人間工学に基づいたミッドセンチュリーと呼ばれるスタイルの発信エリアでしたが、効率最優先の産業デザイン製品とは異なる伝統的手工業を感じさせるクラフト的な製品は新鮮に映ったのでしょう。その後ミッドセンチュリーデザインとスカンジナビアモダンデザインはお互いに影響しあい数々の才能あるデザイナーが世に送り出されました。

スウェーデンは中立主義を取ったためヨーロッパでも数少ない自国が戦場となることを逃れることのできた国でした。そのため国内インフラ・人的損失が少なかったため戦後復興が早く、工業国として急激な経済成長をとげた1960年代は黄金期と呼ばれ、家電・自動車・通信機器分野の各メーカーの動きが活発になりました。


暮らしを提案する北欧デザインのコンセプト

しかし70年代に入り石油ショックによる北欧を始めとするヨーロッパ経済の停滞、そしてポストモダンの考え方の広まりを受け素材、コンセプトともに北欧デザインは徐々に主流から外れていってしまいます。その中でもメーカーが積極的に採用した若手デザイナーたちは従来の伝統的な北欧デザインにとらわれず、斬新なアイデアをもって新しいコンセプトを内包した作品を作り出していきました。それは伝統のスカンジナビアデザインに福祉国家のメーカーにふさわしく人への優しさ・安全性を付加したは他の国では見ないもの製品はスウェーデンをデザイン大国へ押し上げる契機となりました。

彼らスウェーデンのデザイナーは福祉先進国として性別、年齢に関わらず高齢者であれ、体に障害をもつ者であれ誰にでも使えるユニバーサルデザインを、また環境先進国として環境に配慮した素材・ギミックによるエコデザインを意識しています。

このように戦後に登場した近代デザイナー達は斬新かつシンプルで機能的なデザインをスウェーデン伝統コンセプトに加え次々に製品を発表し国際的に注目を集め、今世界中でスウェーデンデザインが評価されていますが、それは彼らが守ってきたライフスタイルや文化をも評価されていることだと思います。


フィンランドデザイン史

独特のデザイン意識を形成したフィンランド

フィンランドは主に大多数を占めるフィン人と少数派であるサーミ人で構成されています。彼らはもともとウラル山脈の北西側から移住してきた民族とされ、他の北欧の国々と違ってヴァイキング文化の共有はありません。しかし長い冬を過ごすための室内作業として刺繍、タペストリー作り、銀や木材を使った工芸品など隣国スウェーデン同様伝統的に手工芸の技術に長けており、身の回りに存在する自然を素材にそしてモチーフとしたモノつくりが盛んでした。それが今日の自然に根ざした無駄のない実用的な、いわゆる素朴な製品を生み出すフィンランドデザインの基本になっています。

またフィンランドは12世紀まではヨーロッパ文化圏から外れた独自の文化を持つエリアでしたが、それから1917年の独立まで800年近くスウェーデン、そしてロシアの支配を受けたため両国からの影響は大きく、スウェーデンから吸収したヨーロッパ的素養とスラブ的な感覚の融合はデザインの上にも表れています。

独立と民族アイデンティティ


イギリスで起きた産業革命の波は、当時後進エリアであった北欧のしかも被支配地域であった独立前夜ともいうべきフィンランドにも到来。19世紀中頃のフィンランドは、流通や家内工業が未発達の状態で分業制を持たず個人、個人が所持するスキルに応じてモノをつくるという状態でした。産業革命による工業化、都市化の動きによりフィンランドがもつ従来のモノつくりは急速に失われ消えてゆくかと思われましたが、独立を契機に盛り上がったナショナリズムはフィンランド精神の原点ともいえる「カレワラ」をフィンランド人に再認識させ、フィンランドらしさをもつモノつくりの精神もフィンランド人の中に残り継承されることになります。

20世紀に入りバウハウス合理主義が主導するモダニズムの考え方がフィンランドにも影響を及ぼした際も、近代デザインの巨匠であるアルヴァ・アアルトはそれを受け入れながらも、自然との親和性と手工業的な要素を入れるというフィンランドらしさを感じさせるデザインを提案。それは素朴、簡潔でありながらも柔らかく人を魅了するフィンランドモダニズムの源泉となっていきました。それはパリ博覧会(1925年)など当時開催された世界博覧会でスカンジナビアモダンとして広く知られることになります。

フィンランドデザインへの国際的評価の高まり

中立の立場を望みながらソ連の侵攻を受け第二次大戦、敗戦国となりソ連への多額の賠償責任を負ったフィンランドでしたが、豊富な森林資源をバックにした製紙・パルプ工業を中心とした重工業が好調で、北欧の他の国に見られるような充実した社会サービスを持った福祉国家として順調な戦後復興を遂げます。それとあわせて1950年代からフィンランドデザインは黄金期を迎えます。

アルヴァ&アイノ・アアルト夫妻やカイ・フランク、タピオ・ヴィルッカラ、ティモ・サルパネヴァといった企業デザイナーが国際的は評価を得、フィンランドモダンデザインが世界に認知されていくようになります。フィンランドのメーカーは製品への付加価値としてのデザインの重要性を認識しており、積極的に企業コンペを開催。カイ・フランク、タピオ・ヴィルッカラ、ティモ・サルパネヴァなどもコンペの上位受賞を契機にキャリアーが始まっています。


自然の暮らしに溶け込む美しさ

今現在も多くの優れた企業デザイナーにより多くの優れた製品が発表されますが、基本的に日用品に込められた美しさを大切にしています。さらに800年にわたり他国の統治を受けた際にフィンランド人は基本的に被支配階層として均一の立場でした、そのため皆がよりよく生活するために地域コミュニティでの相互扶助を重視する考えがあります。皆が当然に使え人々にとってあらゆる観点から良いと思われるユニバーサルデザインはもちろん、古来より自然豊かな環境で生活してきたフィンランド人は自然との親和性を考えた環境に優しいエコロジーデザインを意識したコンセプトが込められています。


デンマークデザイン史

デンマーク手工業を守るマイスターたち

かつてノルウェー、スウェーデン、フィンランドを支配下に置き北欧をリードしてきたデンマークは、デーン人と呼ばれたヴァイキングの一派により起こった国です。デーン人を始めとするヴァイキングは造船製作に長けており、それを支えたものは高い木材・鉄などの加工技術でした。その技術は脈々と職人たちが伝え手工芸製品の制作に関して、当時のヨーロッパでも高いレベルにありました。またデンマークはヨーロッパ最古の王室をいだく国でもあり、王室を含めた貴族階級へ供給するための手工芸品の製作が近代まで多数行われており、その供給の担い手である職人を育てるマイスターの仕組みが今日のデンマークデザインの礎と言われています。

伝統的手工芸を近代デザインに融合させたデンマーク


ヨーロッパの社会概念を大きく変えた産業革命の波が押し寄せた19世紀後半当時、デンマークはナポレオン戦争やプロシアとの領土争いで敗れたてヨーロッパ辺境の一小国へ転落しておりましたが、酪農農業を主体とした方向へ産業をシフト、工業化に成功。ただし医療や造船など除いたイギリスが工業化に成功したその他の分野においてインフラ整備できず、競合は吸収または廃業に追い込まれる事態が発生、モノつくりの面では危機的な状況を迎えていました。

そして20世紀に入ってからの産業デザイン革命ともいうべきバウハウスに対して、北欧ロマン主義の影響(フランス革命によるナショナリズムに端を発した一種のナショナリズム運動)もあり、デンマークマイスターたちに長年守られてきた手作業を重要視した伝統的なデザインを捨て去ることはしませんでした。さらにデンマーク近代家具デザインの父とも呼ばれるコーア・クリントが1930年代に提唱した過去の伝統美に使う人間の立場に基づいた機能性と実用性を取り入れようとした「リデザイン」の考えが広まります。豊かさと効率を追求したバウハウスデザインの機能性を合わせた独自の北欧デザインをリードすることになるデニッシュ・モダンがここに誕生することになります。そしてそれはシカゴ博覧会(1933年)、パリ博覧会(1937年)、ニューヨーク博覧会(1939年)といった当時開催された世 界博覧会でスカンジナビアモダンとして広く知られることになります。

アメリカ市場で大きな評価を得たデンマーク家具

第二次世界大戦後、国内市場が小さく、地下資源が乏しいデンマークは戦後復興の一環として海外にマーケットを確保する必要がありました。かつて貴族階級をパトロンとした職人たちは豊かさを意識した一般大衆が形成するマーケットを意識したモノつくりに積極的に取り組むようになったのです。

輸出用の製品への付加価値として重要視されたのはかつて高い評価を得た「デンマークデザイン」でした。特にアメリカでは戦後復興の巨大な需要が生まれてました。そこで1951年から70年まで優秀な北欧デザイナーに与えられた権威高いルニング賞を創設ことで知られる、デンマーク系アメリカ人フレデリック・ルニングがアメリカ国内で積極的にスカンジナビアのンドクラフトを紹介。当時アメリカは近未来的なフォルムと鮮やかな色彩に加え、人間工学に基づいたミッドセンチュリーと呼ばれるスタイルの発信エリアでしたが、効率最優先の産業デザイン製品とは異なる伝統的手工業を感じさせるデンマークを初めとするスカンジナビアのハンドクラフトは新鮮に映ったのでしょう、家具を始めとする数々の作品が爆発的にヒットしました。

デザインに色濃く反映されるノーマレイゼーションの理念

またデンマーク国内では労働力の確保のため女子の社会進出が積極的に支援されました。皆が安心して社会で活動できる環境を整えるために国の役割には多くを求められましたのです。それは高齢者や障碍者のサポートを行って「誰もが普通に参加できて、普通に暮らせる社会」をつくるノーマレイゼーションの理念に繋がります。

福祉国家としての道を歩みだしたデンマークの生み出す製品にはこの理念が色濃く反映された誰もが快適に簡単に使うことができるというユニバーサルデザイン、また狭い国土を効率よく使うためすべての人と人のコミュニケートを促すバリアフリーを考えたアクセシビリティデザインの特徴がみられます。その上1970年代の石油ショックを契機に風力発電など自然発電に切り替えたことで、環境保全の意識も国民の間で高くなり環境と共生するエコロジーデザインもさらに反映されるようになりました。

現在スカンジナビアデザインとしてデンマークブランドが世界中に支持を受けている様子をみると、デザインという付加価値をつけ国際競争力をつけるという目的は達成されつつあるようにみえます。


ノルウェーデザイン史

ヴァイキングの工芸力を受け継ぐノルウェーデザイン

かつてノルウェー、スウェーデン、フィンランドを支配下に置き北欧をリードしてきたデンマークは、デーン人と呼ばれたヴァイキングの一派により起こった国です。デーン人を始めとするヴァイキングは造船製作に長けており、それを支えたものは高い木材・鉄などの加工技術でした。その技術は脈々と職人たちが伝え手工芸製品の制作に関して、当時のヨーロッパでも高いレベルにありました。またデンマークはヨーロッパ最古の王室をいだく国でもあり、王室を含めた貴族階級へ供給するための手工芸品の製作が近代まで多数行われており、その供給の担い手である職人を育てるマイスターの仕組みが今日のデンマークデザインの礎と言われています。

産業革命で生まれた産業デザインへの意識


イギリスで起きた産業革命の波は、当時後進エリアであった北欧、しかも支配地域(高い自治は認められていましたがスウェーデンの支配下でした)であったノルウェーにもやってきました。豊富な水資源による発電、木材、鉄鋼などの分野で1840年から急速に工業化が始まります。そして国民所得も上がっていくなか都市部において中産所得層が形成されていきます。

デンマーク、スウェーデンに見られた王室貴族階級が積極的に形成されなかったノルウェーにおいて従来の日用品とは美術工芸品などではなく日常に使う品でした。中産階級への供給という大きな需要に対し、ガラス製品・陶磁器などが国外の技術を導入しながら本格的に生産を始めます。やがて20世紀に入りバウハウスが提唱する合理・機能主義によるモダニズムが浸透してくる中、ノルウェーはスウェーデンからの独立の際に盛り上がった民族ロマン主義の影響もあり、国内の伝統的地方文化との調和を大切にしたデザインを提唱しました。身の回りに存在する自然を素材とした簡素で質素ながら機能性を持たせたながらもモダンでシンプルなデザインは、パリ博覧会(1925年)など当時開催された世界博覧会でスカンジナビアモダンとして広く知られることになります。

北欧内で立ち遅れるノルウェーデザイン

戦後は工業化を進めながら外貨獲得のため、カトラリーなどキッチンウェアーの輸出を進めていました。しかし1960年に北海石油が発見されたことで世界第三位の石油の輸出大国となってしまいました。そのため他の北欧諸国とは異なり、そのエネルギー収益を効率よく運用することで国が潤ってしまったのです。デザインを付加価値として工業・産業化に弾みをつけるという政策はとらなかったため、優れたメーカーや作品を抱えながら、北欧デザインの中で影が薄いのは否めないのが現状です。