スウェーデンデザインの巨匠

Olle Eksell / オーレ・エクセル

1918年、コッパルベリ(Kopparbergs)現ダーラナ(Dalarnas)で生まれました。スウェーデングラフィックデザイン界の巨匠で黄金期を支えた重要なデザイナーです。グラフィックデザインへの興味から1939年から装丁と広告を学校で学びましたが、第二次世界戦後広告デザインの先進国であったアメリカ・ロサンジェルスへグラフィックデザインの勉強のため留学を行っています。一躍有名となった契機は1956年のチョコレートメーカー、マゼッティ(Mazetti)による「ココアイズ」ロゴコンペでの優勝でした。1910年より採用していた従来のロゴの目は非常に写実的でしたが、これをオーレはピクトグラム的にデザイン化、それは彼の代表作ともなっています。その後マゼッティにおいてマーケティング、広告・パッケージデザインを担当し、ブランド知名度を上げるのに大いに貢献しました。彼は「優れたデザインは企業イメージを高め経済効果を生む」という考えを持っており、1964年に刊行された「デザイン=エコノミ」にもそのポリシーは述べられておりデザインの教本として各国の美術学校で読まれています。

CocoEyes / ココアイズ (1956)

チョコレートメーカー、マゼッティの商品ロゴ。非常にエッジの効いたデザインで商品の知名度を上げるのみ多いに貢献。オーレの代表作の一つです。

Wilhelm Kåge / ウィルヘルム・コーゲ

1889年、ストックホルム(Stockholm)で生まれました。ヨーデボリのヴァランド美術学校で絵画を、その後ミュンヘンのポスターデザインの学校でグラフィックデザインを学び、1917年には老舗陶器メーカーのグスタフスベリのチーフデザインに就任します。そこにはスウェーデンブランドの向上を国が積極的に主導する形で、1845年に設立されたスウェーデン工芸工業デザイン協会の存在があります。グスタフスベリを含む国内メーカーは産業革命の影響で失われようとする伝統的な技術を維持しながら、美術工芸品ではない生活ニーズを要求される品に、新しいデザインを誕生させようとする試みを行おうとしていました。その期待に応えウィルヘルム・コーゲは日常の機能性を重要視しながら、そこにモダニズムを融合させる北欧デザインを誕生させます。

Pyro / パイロ (1930)

やさしい色彩と一輪の花によるワンポイントデザインが非常にシンプルで印象的なテーブルウェアです。ヴィンテージは非常な人気となっています。

Praktika / プラクティカ (1933)

積み重ねて収納ができるという極めて機能的なキッチンウェアで、グスタフスベリのモダンデザインのはしりとされウィルヘルム・コーゲの代表作ともいえます。この作品もヴィンテージとして非常に高い人気を誇っています。

フィンランドデザインの巨匠

Kaj Frank / カイ・フランク

1911年、現在はロシア領となっているヴィーブリ(Viipuri)で生まれました。1932年からヘルシンキ中央工芸デザイン学校で家具デザインを学び、卒業。第二次世界大戦でソ連と争い敗北、領土割譲と賠償金支払いの責を負った経験はカイ・フランクを含めたフィンランド国民に大きな影響を与えることとなりました。1945年よりデザイナーとして所属した「アラビア」では1950年よりアートデザイナーに就任、またイッタラ、ヌータヤルビにおいても作品を発表しました。彼は企業デザイナーとしての社会的責任と環境への配慮を強く意識しているため「フィンランドの良心」と称された。数多くのモダンで機能美あふれる傑作を発表した北欧を代表するデザイナーの一人です。

KILTA / キルタ (1952)

1952年アラビアより発表されたカイ・フランクの傑作作品。イッタラより1981年に発表されている人気シリーズ、ティーマ(TEEMA)の原型とされ、従来ヨーロッパで見られたテーブルウェアとは一線を引いた、生活ニーズに対応した独特の色彩と機能性を極めたフォルムは簡素で美しく古典的名作とされるシリーズです。

デンマークデザインの巨匠

Tapio Wirkkala / フィン・ユール

1912年、コペンハーゲン生まれ、王立芸術アカデミーで建築を学び卒業後、後にコペンハーゲン国際空港、デンマーク放送協会ラジオ施設などを手掛けたヴィルヘルム・ローリッツェン(Wilhelm Lauritzen)の建築事務所に入りました。その傍ら家具デザインも積極的に行っていきます。建築学を専攻していたフィン・ユールは確かな知識も持つ家具マイスターとは異なり、当時の彼のデザインは形状のユニークさが先行し家具構造の脆さを感じさせるものがありました。しかし彼は優秀な職人ニールス・ヴォッダー(Niels Vodder)とパートナーと組むことでそれは独創的という特長となった上、加工が難しいとされたチーク材を主要素材と扱うことにも成功しました。その後二人は多くの傑作を生み出すことになります。1940年ペリカン・チェア(Pelican chair)、1941年ポエト(Poet)と相次いで発表、彫刻を思わせる有機的な曲線で構成させる椅子は斬新で、当時デンマーク国内での評価は低いものでした。それが一転したのは戦後復興で巨大な重要が生まれたアメリカでのデンマークをはじめとするスカンジナビア作品への評価の高まりでした、フィン・ユールの椅子は絶賛され、ミッドセンキュリー期のアメリカではデンマークデザインの代名詞とされました。独立をした1945年に発表したイージー・チェアNo.45(Easy Chair No.45)は「世界で一番美しい肘掛を持つ椅子」と呼ばれる名作とされる椅子で彼の名前を不動にしました。その後国連ビル施設の一部を手掛け(通称フィン・ユールホール)世界中に広まり、デンマーク国内での評価の高まりにもつながりました。建築、照明、家具、テーブルウェアなどの設計で多くの才能を示したデンマークデザイン界の巨匠の一人です。

Pelican Chair / ペリカン・チェア (1940)

ペリカンが翼を広げた形に似ていることから名付けられました。背もたれと肘掛部分が一体化した柔らかなフォルムが身体を包み込み、低い座面でプライベートな空間を作りあげます。外観のユニークさ以上に機能的な椅子としてファンが多い作品です。